レゴ®デュプロ

初めまして!

8歳男児と1歳女児の母で、雑誌ライターの有馬美穂です。

もともと夫がレゴ育ちだったところから、息子のおもちゃはレゴがメイン。

東京のレゴランド・ディスカバリー・センターも、大阪のレゴランド・ディスカバリー・センターももちろん!行きましたし、

例年のサンタさんからのプレゼントと、誕生日プレゼントももちろんレゴ。

 一体何箱分あるのだかというレゴたちは今このPlay&Goの収納マットに入って(完成したらバラバラにして混ぜちゃうタイプ)、ずっしり重いです

こう見るとコンパクトなのですが、私1人では持ち上げるのが不安なくらい(笑)。

本棚の上には、息子が作ったレゴタワーと、夫が作った大人用のレゴも。

と、レゴ愛を語るべく過去の写真を探していたら、おもしろいことに気づきました。

iPhoneの写真で「レゴ」と検索すると、レゴが写っている過去の写真が出てくるんですね(笑)。懐かしい写真にたくさん再会。

 

 そして。昨年生まれた第2子は女の子だったのですが、この数年で、すごく感じることがあります。

 それは、息子の時よりもおもちゃ選びのジェンダーレス化が進んできたな、ということ。

男の子ならレゴや電車のおもちゃで、女の子ならおままごとセットやソーイングセットでという垣根がどんどんなくなり、

男の子だっておままごとしたっていいし、女の子だってレゴや電車で遊んでもいいよね!

という空気になったなぁ、と実感しています。

 私も娘には、ジェンダーの規範に縛られずに育ってほしいなと思っていて、

ユニセックスな名前をつけました。

 なので、レゴ女子、大歓迎!!

 そういう意味でも娘にレゴで遊んで楽しんでほしいし、

あとは兄のおもちゃを共有できるという現実的な目線でも、レゴ好きに育てるべく画策中(笑)!

 それにレゴって、カラフルだけど、リビングにあっても嫌なカラフルさじゃないんですよね。

どことなくおしゃれな色合い。

たくさん集まっても、Play&Goなどのマットを使ったりすればお片付けも一瞬だし、遊びはどこまでも広げていけるのに、意外とかさばらないのも好き。

 アクタスで見つけたリビングの丸テーブルはヘリが立っているので、レゴがこぼれなくてこれまたお気に入りです! 

 

 そして。

1歳を迎える娘のために買ったのが、1歳を過ぎた頃から楽しめる大きめの「デュプロ」!

 まだあの一般的なレゴでは、うちの娘は食べちゃう危険があるので

こちらのデュプロからデビューさせました!

 

 こんなふうに万一お口に入れちゃっても、デュプロは誤飲しない大きさで、有害物質が溶け出すような心配もなし。

厳しい欧州の安全基準をクリアしていて、安全に配慮されているところが安心。

そして、お兄ちゃんのレゴともくっつけて遊べるのも楽しいポイント!

「ぼくじょうのこうまのおうち」や「ミニーのおうちとカフェ」も、すごくかわいくって。

「ミニーのおうちとカフェ」はピンク系なのですが、どことなくスモーキーな大人のピンクがおしゃれなんです。

 もちろんまだ1歳の娘は、くっつけたりはできないのですが、

このカラフルさが気になるのと、お人形たちに釘付け。

カチカチ鳴らしたり、なめてみたりしながら(笑)、観察して楽しんでいます。

 

 これを組み立ててくれたのはお兄ちゃんで、「簡単だよー!」なんて言いながら、

いそいそと楽しそうに妹に作ってあげていました。

 最近は夏も暑すぎてお外遊びも厳しいし、雨が続く日はお出かけできなくて退屈。

このご時世、お出かけそのものもしづらいですよね。

でも、いくらでも遊びが広がるレゴなら、

安心しておうちで飽きずに楽しむことができます。ありがとうレゴ!

 娘がレゴを組み立てられるようになるのが、今からとても楽しみ。

親子でたっぷり楽しんでいきたいと思います!

 

【プロフィール】

有馬美穂/ライター。ママ雑誌、ライフスタイル誌、時々ビジネス誌などにも寄稿。人物インタビューやファッション、最近はジェンダーの話題も多く取材中。2012年生まれの男の子、2020年生まれの女の子の母。東京都在住。